クレジットに付帯する海外保険について

まずは保障について良く理解しよう

 

クレジットカードの種類や、プロパー、ゴールドによっても

保障の額などが変わってきますので、

このあたりは良く確認しましょう。

このクレジットカードの保障で十分な場合は、

ツアーを組んだ時などに加入を勧められる保険に入る必要なくなるので、

大体1万円位お得になりますね。

 

1.傷害死亡・後遺傷害

死亡や後遺症が残った場合の保障。一番額が大きい。

 

2.傷害・疾病治療

けがや病気で治療を行った場合の保障。

海外では健康保険の適用外のため、治療費はかなり高額になる。

 

3.賠償責任

誰か対人に対してけがをさせてしまった場合の保障

 

4.携行品損害

持ち物を盗まれたり、壊されたりした場合の保障

 

5.救援者費用

ヘリなどを使用して救助してもらった場合の保障。

適用範囲については良くしらべてください。

 

一部をご紹介しましたので、

自分の持っているクレジットカードの保障を一度調べて見てください。

 

利用付帯と自動付帯について知っておこう!!

 

利用付帯とは・・・

海外保険の保障が、海外でクレジットを利用しないと付かないということです。

 

逆に自動付帯とは・・・

海外保険の保障が、利用しなくても持っているだけで付くということです。

 

自動付帯だと思っていたクレジットカードが、

実は利用付帯で、保険の対象とならない場合があったりしますので、

必ず、カードによって違うので確認しておいてくださいね。

 

クレジットを複数持っていると保証額が増える??

 

実は、クレジットカードを複数持っていると、

保証額は合算となるのです。

 

つまり、

Aカード 損害賠償保障額50万円

Bカード 損害賠償保障額30万円

の2枚のカードを持っている時は、

損害賠償保障額80万円まで保障されることになります。

 

こんな形で複数のカードを持っていると保証額が合算されるのです。

ただし、

1.の傷害死亡・後遺傷害に関しては、合算ができません。

複数のカードを持っていたとしても、一番大きな保証額分しか保障されません。

 

2〜4の部分の保障に関しては、合算となりますので、

ぜひ複数のクレジットカードを持っておきましょう。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ