クレジットの引き落しができなかった時の対処法

クレジットの引き落しができない場合

 

引き落し日当日に、口座の残高が足りなくて、

引き落しがされてないことってよくあったりしますよね。

 

うわブラックリストになる!

っとお思いの方もおられるかとは思いますが、

すぐに対応をすれば、何ともありません。

ブラックリストにも載りませんし、事故にもなりません。

 

しかし、それをほったらかしにしておいたり、

相手側から連絡が来たりすると、少しマズイと思った方が良いです。

 

カード会社によっては、

翌日や翌々日に再度引き落しをかけたりする会社もあって、

当日引き落しができていなくても、

その日中に口座にお金を入れておけば、引き落しされている

というものもありますが、基本的には無いと思ってもらって良いです。

 

ではこの記事ではそう言った場合の対処方法についてお話しします。

 

まずは、自分から連絡を入れる!

 

カード引き落し日当日に、お金を支払えていなかった場合、

まずは、カードの裏に書いてある電話番号に電話を入れてください。

 

ただ指定の口座にお金が入っていなかっただけで、

すぐに支払いができる。って場合は、

カード会社の振込先を聞いてください。

 

支払いができなかった人の為に、

必ずお金を支払う振込先があります。

 

この振込先を聞いて、

すぐに支払いができれば何の問題もありません。

これをしないと、支払いが遅れた日の分だけ、

利息を取られたりもしますので注意してください。

 

すぐに連絡して、その日中に支払いをすることが、

一番いい方法ですね。

 

もしお金が無い場合は??

 

お金が無い場合に関しては、

まずはリボ払いに変更してください。

 

リボ払いは利息がかかってしまいますが、

支払いを遅延しても結局利息はかかってしまいます。

さらに、支払いを遅延すると、

ブラックリストに載る可能性もあり、今後お金を借りられなくなります。

 

なので、リボ払いにしてしまった場合も、

お金が用意できれば、振込先を聞いて

すぐに支払いをしてしまえば、利息もその日までしかかからなくなります。

 

リボ払いの変更も間に合わなかった場合は、

支払いができないという旨を、「必ず自分から」連絡してください。

自分から連絡して、「いつまでにいくらなら支払いができるのか、」

をカード会社の人に伝えてください。

 

カード会社が一番困るのは、

支払いをしてもらえないまま連絡が取れないことです。

 

なので、カード会社から連絡するよりも先に

自分から連絡を入れれば、カード会社も少し安心してもらえます。

安心=信用ですね。

 

これは、実際カード会社で記録されているのかはわかりませんが、

記録されているとすれば、ブラックリストに載りにくくなる行動ですので、

必ず自分から連絡をするということを覚えておいてくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ