クレジットカードが作れない人へ

クレジットが作りにくくなる「事故」とは?

 

クレジットカードの支払等を遅れたりした場合、

この「事故」となってしまう可能性があります。

この事故となると信用機関に登録されてしまい、

今後クレジットを作ろうと思った時、何かローンを組もうと思ったときに

審査が非常に通りにくくなっていますので注意しましょう。

 

事故にもいくつか種類があって、

延滞、代位弁済などなどがあります。

 

一番の大きな要因は延滞です。

約2~3か月延滞が遅れてしまうと事故として

信用情報に載ってしまう可能性が高くなります。

 

なので、もし引き落としができていなかった場合は、

すぐにカードの裏の電話番号に電話して、振込先を聞いて、

すぐに振り込みましょう。

 

1か月以内であれば、事故として処理されることはないでしょう。

 

 

自分の社会的信用を確かめる方法

 

クレジット会社は、カードを発行する際に、

とある信用情報会社の情報を照会しています。

ここの情報には、

いつどんなカードを申し込んだのか?

どんなカードを持っているのか?

滞りなく支払をしているのか?

延滞等の事故はないか?

などの情報が載っています。

 

ここを見てクレジット会社は発行したり見送ったりします。

 

なので、ここに載る情報に関しては、

しっかりとチェックしておく方がいいかもしれませんね。

 

この信用情報会社には3種類あります。

・CIC

・JICC

・全国銀行個人信用情報センター

前者の2つがクレジットカードを発行する際に良く見られているものです。

 

実はこれは誰でも照会できる情報なのです。

大きな都市であれば窓口がありますし、

窓口がなくても、郵送やインターネットで照会できたりもします。

 

手数料で数千円はかかってしまいますが、

一度、自分の信用情報を確かめるためにも見てみると良いかもしれません。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ