クレジットカードのセキュリティコードって何?

セキュリティコードって何??

 

こういうものです。↓

secu2

信販会社によって、3桁であったり、

4桁であったり変わってきます。

 

セキュリティコードはどういう時に必要??

 

ただでさえ、16桁ものカード番号が付いていたり、

有効期限というものもあったりして、

確認の為であれば、わざわざセキュリティコードなんて

いらないんじゃないか?って思いませんか?

 

僕もそう思っていました。

なんでこれは必要なのだろうか?って。

 

このセキュリティコードというのは、

お店でクレジットカードを使う際には使わないものです。

ではどういう時に使うのか?

それはインターネットなどで利用する時ですね。

 

つまり、カード本体の証明がいらない時。

ネットでお買い物するときは、

カード番号を打って、有効期限を打って、

名前などを入力しますよね。

 

つまりカード本体がなくても使えてしまうのです。

 

これが一時トラブルとなりました。

このトラブルはおそらく大半の方が聞いたことがあると思います。

それの対策として、セキュリティコードができたようです。

 

ではそのトラブルについて次で書きたいと思います。

 

海外では良く多い「スキミング」というトラブル

 

スキミングという言葉とご存知でしょうか?

日本ではあまり無いのですが、海外では良く頻繁に有るようです。

 

スキミングとは、クレジットカードの情報を読み取られることです。

特殊な装置を使って、クレジットカードの番号やら暗証番号等

全ての情報を抜いてしまえるのです。

 

そうなるとどうなるか?

 

自由に他人のクレジットを使えてしまう訳です。

カード本体は自分が持っていなくても。

お店で使うときはカードの本体がいるので使えませんが、

ネットで使うときはカードの本体がいらないので使えてしまうわけです。

 

このようなことが、数年前に問題となりました。

 

そしてその解決策として、セキュリティコードができたようです。

このセキュリティコード、

スキミングをされても、このセキュリティコードは分かりません。

 

なぜならこのセキュリティコードは

カードの中に情報としては入っていないからです。

なのでスキミングをしても、セキュリティコードの情報は読み取れません。

 

カードにしか記載されていないので、

カードそのものを持っていないと分からないということです。

 

僕はこれを知って、なるほどなーと思いました。笑

 

一つ一つの情報には意味が有るようです。

セキュリティコード知られないように、しっかり管理してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ