クレジットカードの審査が通らない理由②

クレジットカードそのものに条件がある。

 

前回の続きで、クレジットカード会社が見ている

審査のポイントについてお話ししていきたいと思います。

 

前回は、

CICの信用情報で見るポイント

消費者金融の有無などを説明しました。

 

今回の一つ目としては、

クレジットカードごとにも様々な条件が有るということです。

 

例えば、

学生はダメであるとか。

勤続年数が○年以上

収入が○○○万円以上

がカードごとによってあります。

ゴールドカードにもありますね。

 

なので、ここがあるカードに関しては、

審査うんぬん以前の問題になってしまいます。

 

持ち家の有無はなぜ必要??

 

クレジットカードを申し込む時に必ず聞かれることがあります。

持ち家、賃貸そして毎月の支払いがあるかどうか。

 

ここの重要性がずっとわからなかったのですが、

ようやくわかりました。

 

以前の記事でも書いたように、

お金に困った人は連絡が取れなくなる傾向があります。

なので、賃貸で住居年数が短いと、

もし返済できなくなった時に、すぐに引っ越しをされて

連絡が取れなくなる可能性が有ると見られます。

 

なので、嘘は良くないのですが、

引っ越しのしにくい、持ち家の方が審査上は良いようです。

賃貸に関しても、長く住んでいる方が、

審査には良いみたいですね。

 

カード会社によっても審査基準はバラバラ

 

これまで審査の見られるポイントを書いてきましたが、

本当にカード会社によって見るポイントは様々です。

 

「Aのカードは審査落ちたのに、

同時期に申し込んだBのカードは通った。」

「どう見てもCさんの方が収入も良いのに、

Cさんは落ちて、Dさんは審査通った」

 

などということが本当に良くあります。

なので、一概にこうすれば良いというのはわかりません。笑

しかし審査の上で見られるポイントというのは

お伝えしましたので、その部分に気をつけてもらえればと思います。

 

あと、

一度審査に落ちてしまったカードは

約1年〜2年間は審査に通らないと思ってもらった方が良いです。

 

なので、絶対に欲しいクレジットカードがある時は、

直近の申し込みが少ない時期に申し込んで

確実に通ると思った時に申し込みするのが良いですね。

 

一度落ちてしまうと1年以上は手に入らなくなってしまいますから。

クレジットカードの申し込み過ぎだけは気をつけてくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ