クレジットカードを持つことのデメリット

まず一番は管理が大変!!

 

クレジットカードを使う上で一番難点になってくるのが

「管理」ですね。

使っても手数料自体はかからず、ポイントが付くので

メリットばかりというのは以前からこのブログでかいています。

 

ですが、いくら使っているかわからないというのは、

クレジットカードを使う上で一番困るところです。

 

実際にお金が財布に入っていなければ、

お金が無いので、買い物ができない訳ですが、

このクレジットカードを使うと、

お財布にお金が無くても商品を購入することができてしまいます。

 

私自身、一番問題だったのが、

商品を購入すると

本当は、お財布の中身が少なくなっているはずが、

クレジットカードで購入するため、

お財布や通帳にお金が残っています。

 

なのでお金が有ると勘違いをし、

またさらに使ってしまうということがありました。

しかし、支払日になると支払い金額を見て唖然とします。

ほとんどお金がなくなってしまう。むしろ足りていない。

ということがよくありました。

 

なので、いくら使っているか?

いくらの支払いがあるのか?あといくら使えるのか?

ここを把握するための管理が一番たいへんです。

 

 

クレジットカードを持っていると住宅ローンが借りれない??

 

クレジットカードを持っていると、「与信枠」を計上されます。

与信枠とは、

実際にお金を貸している訳ではないが、

貸しているに等しく、お金を貸していると見なされてしまう枠のことです。

 

つまりクレジットカードで言うと、

ショッピング利用枠がこの与信枠に当たります。

クレジットカードで100万の枠を持っていると、

100万円借りている訳ではないですが、いつでも使うことができてしまうので、

この100万を貸しているのと同等に見られ「与信枠」に計上されてしまいます。

 

なのでクレジットカードを持っているだけで、

お金を貸していると見なされるということです。

 

お金を借りていると、住宅ローンなどは組みにくくなります。

良く

「クレジットカードを解約してください。」と

銀行の担当者や不動産屋さんの担当者から言われることがありますが、

そういうことです。

 

解約すれば、与信枠がなくなり、

住宅ローンも組みやすくなるということです。

 

一概にクレジットを持っているからローンを組めないことはないですが、

このような理由から組みにくくなることは間違いないです。

 

与信枠、気をつけてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ