クレジットカードを現金化する方法とは??

クレジットの現金化とは??

 

まず大前提に、クレジットの現金化については犯罪です。

これをしてしまうとクレジットカードの没収だけでなく、

刑務所行きなる恐れがあることを頭に入れておいてください。

 

という前提で、

まずはクレジット現金化についての仕組みをお話しします。

 

クレジットは、利用しても支払いまでに最大65日ほど、

支払いを伸ばすことができるというお話は何度もしています。

 

それを利用して、

まずはクレジットカードを用意します。

このクレジットの枠が50万円としましょう。

 

その50万の枠を使って、

50万円相当の二束三文の商品を購入します。

(商品は形だけです。)

 

それに対して、40万円のキャッシュバックを業者は行います。

 

つまり、50万の商品を購入(支払いは2ヶ月後)をし、

40万円を手元に残すことができるのです。

商品はあっても、無くてもいいのです。

無いとお金だけのやり取りとなるため、貸金業法が当てはまる為、

商品という形のある物をやりとりしているということにしています。

 

結局後で支払いはしないといけない。

 

こうして手元にお金を残す状態にしたものの、

2ヶ月後には支払いがやってくるので、

それまでにお金を作らないといけません。

 

一度クレジット現金化をした人は、

次の支払いでも、現金化によってお金を作ろうとします。

つまりまた同じようなことをするのです。

 

ちなみに、

2ヶ月ごの支払いにする為に、

業者が手にしている手数料は10万円です。

(50万の商品にキャッシュバック40万なのでこの差額。)

 

2ヶ月で10万円を利息の計算に直すと、

年間120%の利息になります。笑

ちなみに、貸金業法という法律では年間29.2%と決まっています。

なので暴利です。闇金並です。

 

つまり現金化のメリットはほとんど無いです。

 

まぁ現金化もいろいろとメリットのある裏技は有るのですが、

到底ここでは言えませんね。笑

 

商品券などの金券でクレジットが使えないのもこの理由

 

 

商品券や切手などの金券を買う際もクレジットカードは利用できません。

現金化するひとが多いからですね。

 

つまり先ほどと同じかたちで

50万円分の金券をクレジットで買えるなら、

それを金券ショップに持っていって、現金にすることができるのです。

 

そういうことをやる人が多くなってきたため、

金券をクレジットで買うことができなくなりました。

 

賢い人はたくさんいるものですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ