デビットカードは必要なものか??

デビットカードって何??

 

デビットカードというものをご存知でしょうか?

最近、よくCMでやられていたりもしますね。

 

このデビットカードというものは、一種のクレジットカードです。

このデビットカードで支払いをすることができます。

 

ただ違う点が、

デビットカードの場合は、即座に指定の銀行から引き落としがかかります。

その点クレジットカードは、

使った翌月くらいに指定の日に引き落としになりますね。

 

つまり、

即座に引き落としか、翌月に引き落としかの違いです。

 

なぜデビットカードが必要なのか?

 

まず一つのメリットとして、管理が簡単というところです。

クレジットカードの場合は、使っても口座にお金のある状態ですので、

引き落とし日にしっかり引き落としができるかの確認が必要です。

 

その点、デビットカードは

その場で口座から引き落とされるので、

口座にお金がない場合は、商品を購入することができません。

 

ですので管理という面では非常に楽ですね。

 

もう一つの理由は、誰でも作りやすいですね。

 

デビットカードもクレジットカードと同様に、

「審査」はあるのですが、

発行会社からすると発行するデメリットがあまりありません。

 

クレジットカードを審査に通す理由は、

ちゃんと使った分払ってくれるか?という部分が不安なので

今までの利用履歴や収入を見ます。

 

しかしデビットカードはその場で引き落としのため、

口座にお金がなければ引き落としができません。

なので発行会社からして、取っぱぐれになることはほぼありません。

 

なので、審査もあるのですが、

ブラックになった人でも通るくらい非常に発行しやすいかーどです。

 

高校生でも持てるカード

 

基本的にクレジットカードの発行は

20歳になってからです。

 

でもこのデビットカードは15歳以上であれば発行することができます。

インターネットで物を買うことが当たり前になってきて、

クレジットカードがないと決済できないという場面も多くなっています。

 

そういった時に、未成年は購入ができないことになってきます。

でも、このデビットカードというのを使うことによって、

未成年でもインターネットで購入ができるというのはメリットだと思います。

 

特に、アマゾンで大学の教科書などを買う時に、

当時のアマゾンはクレジットしか対応していなかったので、

こういったカードがあると非常に便利だったなーというのを覚えています。

 

こういうメリット、デメリットを踏まえたうえで

作る方は作って使ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ