ブラックリストだけは絶対に注意する!

クレジットカードだけでなくローンが組めなくなる

 

ブラックリストだけは本当に注意してもらいたいです。

ブラックリストとは、延滞や滞納があり、

社会的信用が無いことを言います。

 

ブラックリストに登録されてしまうと、

クレジットカードを作れないことはもちろん、

住宅ローンや車のローン、

最悪の場合、銀行口座も開けなくなるということも有ります。

 

一生ブラックリストというわけではありませんが、

5年〜10年ほどはブラックリストに登録されてしまいます。

この間も何かマズイことをしてしまうとさらに伸びたりします。

 

なので、お金に関しては本当にきっちり、

約束は守るということを徹底してほしいです。

 

つまり、請求の来た金額(自分が使った金額)は

引き落し日(約束の日)までに必ず準備をするということですね。

 

クレジットは日本語で「信用」という意味なので、

お互いに約束を守ることは当たり前のことですね。

 

もし万が一、滞納してしまったら。

 

必ず早急に支払いをしてください。

「一日くらいいいかー」そういう甘い考えは通用しないと思ってください。

 

まず、指定の日に何らかの原因で引き落しができていなかった場合は、

クレジットカードの裏の電話番号に電話して、

「すぐに支払いますので、振込先を教えてください」

と言って、振込先を教えてもらってください。

 

これが誠意です。

信用関係で成り立っているので、こちらのミスは誠心誠意で対応しましょう。

それだけで、向こう側としては大げさに心配する必要がなくなります。

 

そして、こっちから必ず行動をしてください。

相手側から、支払いできていませんと催促が来たら、

それだけで信用を失っているという自覚を持ってくださいね。

相手が動く前に自分が動きましょう。

 

どんな言い分、言い訳があっても相手には関係ない

 

お金が有ろうが無かろうが、

当日に入金していた、や、振込ができていなかったなど、

 

どんな理由があったとしても、

カード会社には全く関係の無いことです。

つまりどんな理由があっても支払いができていないということは、

ブラックリストに載る可能性があるということを

認識しておいてもらう必要が有ります。

 

本当に一度でも、ブラックリストに載ってしまうと

抜け出すのにかなりの時間を要してしまいますので、

良く良く注意をして、支払いはするようにしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ