最高峰のブラックカード種類、一覧

ブラックカードとは??

クレジットカードにはランクが有ります。

 

・プロパー(ノーマル)

・ゴールドカード

・プラチナカード

・ブラックカード

の順でステータスが高くなります。

 

つまりブラックカードとは、

ごく一部の限られた人しか持てないカードなのです。

カード会社からふさわしいと思われた人にだけ案内状が届きます。

自分から欲しくても申し込むことができないのです。

 

そんな最高峰の限られたブラックカードを一部紹介します。

 

ブラックカードの種類

 

アメックスセンチュリオンカード

ダウンロード (3)

なんと年会費だけで、367,500円します。

ブラックカードといえば、このセンチュリオンが有名ですね。

ホテルや飛行機も無料でアップグレードされたりします。

持っているだけでステータスの高いカードですね。

 

 

JCB THE CLASS(ザ・クラス)

ダウンロード (4)

年会費は52,500円とブラックカードの中ではお安めです。

JCBカードはディズニーと提携をしていて、

ブラックカードを持った人だけのディズニーの特典があったりもしますよ。

 

 

楽天ブラックカード

ダウンロード (5)

実は楽天カードにもブラックカードがあります。

年会費は31,500円とかなり安いですね。ですが、

特典の内容などの充実で、世間ではプラチナカードと同じ

と言われているようですが、

ポイントの還元率が3%とかなり効率の良いカードになります。

 

 

SBIワールドカード

ダウンロード (6)

世界的に有名なマスターカードのブラックカードです。

年会費は157,500円です。

アメックスやダイナースと有名な信販会社の同レベルとして

世界最高峰のぶらっくかーどですね。

 

 

ダイナースクラブ プレミアム

ダウンロード (7)

こちらのカードは年会費が10万円です。

このカードは利用限度額がないということで有名なカードです。

つまりクレジットカードで家を買うこともできます。

 

 

ブラックカードを持てる条件とは?

 

年収1000万というラインが最低条件と言われています。

しかし、年収1000万以下でもブラックカードが作れたという話は良く有るようです。

 

ではブラックカードを作る為にはどうすればいいのか?

まずは、インビテーション(招待状)を貰わないといけませんので、

そのブラックカードに繋がる、ゴールドもしくはプラチナを

徹底的に使いこなす必要が有るようです。

年間最低でも100万以上の利用が必要になってきますね。

 

あとは長く使うことですね。

利用歴が長ければ長いほど、それが信用に繋がってきます。

しっかり返済されればカード会社にデメリットはなくなりますので、

その分インビテーションも受けやすくなるようですね。

 

人生に一度くらいは手にしてみたいブラックカード。

ぜひ作ってみてくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ