法人カードを持つメリットとは??

一番は経費を分けなくて良いこと!

 

個人のカードを使って、法人の経費を計上しようとすると

会計上とても面倒なことになります。

どの使った分が個人の分で、どこが法人の経費の部分か?

明細を全部見て分けていかないといけません。

 

しかし法人用のクレジットカードを持つことで、

経費を分けるという作業をしなくて良くなります。

この部分でかなり手間を省けるようにはなりますね。

 

プライベート分と経費分が混ざってしまうと、

やった人にしかわからない大変さがありますよ。笑

 

自分だけでなく従業員がいるともっと効率的になる。

 

従業員が会社の為の経費を使った時に、

一番良く行われているのが、小口現金としての精算ですね。

 

これはかなり大変です。

まずはこれが本当に経費かどうかのチェックが必要です。

そして、次に数字の間違いが無いか電卓を叩いて計算をします。

そして、お金を支払った後に残高がちゃんと一致するか?をします。

 

これが従業員分だけ小口現金があるとかなりの手間になります。

そしてミスも起きやすくなってしまいますね。

 

これを解消するのが法人用のクレジットカードですね。

一枚だけでなく、従業員用の分まで発行することができます。

なので、小口精算のような手間なことをしなくて良くなります。

 

会社用の経費を使うときはお金で払うのではなく、

このクレジットカードを使うことでお金の管理はする必要がなく、

クレジットの明細をチェックしていくだけで良くなります。

 

ここが法人のカードを使う一番のメリットかもしれません。

時間の削減や、効率化ということですね。

 

法人でのポイント利用の注意点!!

 

法人用のクレジットカードでも使っているとポイントが貯まります。

ポイントが貯まれば使うことになるかとおもうのですが、

ここで一つ注意点が有ります。

 

このポイント、実は会計上では「雑収入」という

収入と見なされてしまいます。

 

なのでポイントで何か購入したりすると、

その分だけ収益として見なされます。

なので法人税がかかってくるということです。

 

なので、法人でポイントを使う際はこの点を

注意する必要が有りますね。

 

実際のところ、ポイントで全額使ってしまえば、

会計を入力する必要は無いので分からないのですがね。笑

一応です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ