締日から支払日まで期間の長いクレジットカードとは?

クレジットカードによって違う「締日」「支払日」

 

クレジットカードを発行している発行会社によって、

締日と支払日は異なってきます。

 

基本的には、

・末日締めの翌月27日払い

・15日締めの翌々月10日払い

が基本的ですが、

イレギュラーなものもカードによっては有ります。

 

前者は最大で、58日後の支払いに

後者は最大で、57日後の支払いとなりますね。

 

なぜ支払日までの期間が長い方が良いのか?

 

クレジットカードは、支払いを先延ばしにすることができます。

しかも無料です。手数料はかかりません。

 

これは普通の金融商品としてはあり得ないことなのです。

カードローンであれば、約15%程度の利息がかかってきます。

 

単純に、クレジットカードと同じく58日で計算をしてみましょう。

仮に、クレジットカードの利用枠が50万円あったとします。

つまりカードローンで言う、50万円借りれるのと同じです。

 

それでお金を支払っていき、翌月27日に支払い(返済)をするとします。

クレジットの場合は、使った分だけの請求です。

それに対して、カードローンは使った分と

50万×15%×58日÷365日=11,917円の利息がかかります。

カードの利用額が10倍になれば、利息も10倍です。

 

つまりクレジットカードはお金を借りているのと同じなのです。

それも利息をなしで。

なので、その借りれる期間(支払いまでの期間)は長い方が得なのです。

 

僕の知る限りで一番支払いまでの期間が長いのは、

 

出光カードまいどプラス

ダウンロード (1)

 

末日締めの翌々月7日支払いです。

最大69日も支払いを伸ばすことができるカードです。

 

 

トータルで考えるとやはりこのカードですね!

 

トータルで考えるとやはりこのカードです。

いつもこのブログでご紹介させてもらっています。

 

セゾンアメリカンエキスプレスゴールドカード

ダウンロード (5)

 

 

このカードは、締日が末日の翌々月4日の支払いです。

最大66日後の支払いですね。

それだけでなく、利用可能枠も大きいのが特徴です。

すぐに枠を大きくすることができますし、

最初からほぼ100万円の利用可能枠がついてきます。

 

そして何より年会費が無料!!ここが大きいです!

そしてゴールドにふさわしい様々なサービスがついていますね。

本当にオススメの一枚です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ