良い借金と悪い借金【クレジットカード編】

「借金=悪」はお金持ちの洗脳による固定概念

借金と聞くと、凄くイメージが悪いと感じられる方がほとんどだと思います。

でも借金は全てが悪いわけではありません。

 

借金=悪というのは、お金持ちの人の洗脳だと思った方が良いです。

だって真似されると、自分の収入に影響してきますから。

日本国自体が、今や凄い額の借金をしていますよね。国債1000兆円。

借金のことを理解している人は、これは上手な手法だなと思います。

借金あるからという名目で、税金を上げることもできますからね。笑

 

話がそれましたが、

借金をしながらお金儲けをしている企業もたくさんあります。

お金持ちの大半は借金をしています。借金を上手く利用しているのです。

安い利息で借りてきて、高い利息で運用する。これもせどりと同じ原理ですね。

 

クレジットカードは借金の一種

クレジットカードは借金と同じです。

ですが、借金には良いものと悪いものがあります。

クレジットカードは上手に使えば、良い借金になります。

 

クレジットカードを利用してもその日に支払をするわけではありません。

翌月、または翌々月の支払いとなります。

つまり、これもお金を借りているのと同じ考えです。

支払いを先延ばしにできる=お金を借りている」のです。

 

お金を借りれば、普通は利息というものがかかってきます。

カードローンとかですと、15%~20%の利息がかかります。

でも、クレジットカードを普通に使っただけだと、最大65日も利息が0%でお金を借りるのと同じです。

 

100万円を65日間借りたとして、

カードローンの場合だと26700円もの利息がかかるのが、

クレジットカードを上手く使えば、利息は0円です。

 

お金を上手に使うと、必要のない費用を減らすことができますね。

 

クレジットカードは上手く使わないと損

今の時代でクレジットカードを使わないことはものすごく損です。

勝手なイメージで「怖いもの」という固定概念はもったいなすぎます。

 

使い方によっては怖いですが、上手く使えばとても便利なものになります。

それは、ハサミや包丁でも同じですね。

クレジットカードというものが危ないのでないのです。

使い方を間違えると危険なものになるということです。

 

なので、クレジットカードの仕組み、使い方を知ってください。

これを見方に付けることができれば、間違いなく他の人とは違う人生が送れます。

ぜひ勉強してくださいね。

情報はこのブログにたくさん書いていきますので、何度も読んでもらって結構です。

 

関連記事
リボ払いって何?リボ払いの恐ろしい仕組み

キャッシングって何?キャッシングの意味を理解するべし。
では、次の記事では、

お金を安く借りて、高くで運用するという、

借金をしてお金を増やす方法をご紹介していきますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ